移転価格辞典
移転価格文書作成の実務

移転価格文書の効果

法律に規定する移転価格文書を作成するのは非常に大変な作業となるにもかかわらず、なぜこのような書類を準備しておく必要があるのでしょうか。形式的には、推定課税およびシークレットコンパラブルによる課税を避けるためになりますが、実際のところは、移転価格調査が調査官主導により一方的に行われることを避けるためにも移転価格文書を作成することは重要になります。また、移転価格文書の作成を通じて、移転価格調査を迎える前に移転価格の問題の有無を把握し、問題を解消するべく各部門の協力を得るきっかけとなります。

画像 (図表2-3)移転価格文書の効果

移転価格調査が行われる場合、調査官は法人税の確定申告書に添付された「国外関連者に関する明細書(別表十七(四))」や有価証券報告書などの公表情報を事前に入手し、課税を行うことを前提に入念な下調べをしています。事前に移転価格文書の作成を行っていない場合や、行っていても不十分である場合は、推定課税やシークレットコンパラブルによる課税を避けられたとしても、移転価格調査の対応が後手に回り十分な反論ができないまま課税をされて移転価格調査が終結してしまう可能性があります。移転価格文書を作成し、移転価格の妥当性、合理性を主張することは高額な移転価格課税を避けるため極めて重要なプロセスになります。