ニュース

ニュース一覧

2023.07.27

[終了]【オンライン】法人税調査で狙われる『移転価格』の対処法と基礎知識 9月5(火)開催

開催にあたって 移転価格の調査の現状 最近の税務調査の特徴の1つとして、移転価格の調査が、通常行われる法人税調査の中で行われることが挙げられます。3年ほど前までは、移転価格の調査となると、国税局所管の大企業に対して行われ…

セミナー情報
2023.07.13

米国におけるJoint accountと日本における相続税法上のJoint accountに関する取扱い

米国及びその他の国々においては、配偶者と共同で開設するJoint account(夫婦共同名義預金口座)が存在する。 当該預金口座は、一般的に、一方の配偶者の死亡により、その所有権が他方の配偶者に自動的に移転することから…

コラム
2023.07.13

[終了]【オンライン】移転価格の訴訟・審査請求事例から考える『無形資産取引』の対応策 ~取引形態、契約のしかた、日々の管理など実務目線で解説~ 8月24(木)開催

開催にあたって 今日、企業に求められていることは、企業価値の最大化です。そのためのキーワードの1つが、「無形資産」と言えるでしょう。 2021年6月に改訂されたコーポレートガバナンス・コードにより、企業は、無形資産の形成…

セミナー情報
2023.07.05

「グローバル・ミニマム課税」の財務省令が、6月30日、公表されました

通称「グローバル・ミニマム課税」——わが国の「各対象会計年度の国際最低課税額に対する法人税等」の財務省令が、6月30日、官報により公表されました。これにより、本法、政令と出そろったことになります。 ただ、財務省・国税庁と…

コラム
2023.06.22

[終了]【オンライン】法人税調査で狙われる『移転価格』の対処法と基礎知識 7月11(火)開催

開催にあたって 移転価格の調査の現状 最近の税務調査の特徴の1つとして、移転価格の調査が、通常行われる法人税調査の中で行われることが挙げられます。3年ほど前までは、移転価格の調査となると、国税局所管の大企業に対して行われ…

セミナー情報
2023.06.20

Japanese Taxation and withholding income tax refund when Japanese resident sell real estate owned in Hawaii

The number of transfers of condominiums in Hawaii owned by Japanese people is increasing, probably due to the …

コラム
2023.06.13

OECDが公表していた「グローバル・ミニマム課税」(第2の柱)に関する重要な文書の翻訳本「グローバル税源浸食防止(GloBE)Pillar Two モデルルール・コメンタリー・事例集」が、公益社団法人日本租税研究会から発行されました。

2021年10月、日本をはじめとするOECD加盟国など137の国と地域は、「新たな国際課税ルール」の最終合意に達しました。その中の1つが、第2の柱――いわゆる「グローバル・ミニマム課税」です。 これを受けOECDは、20…

コラム
2023.05.31

[終了]【オンライン】「移転価格の裁判事例分析から知る『課税されないための対応策』」 6月13日(火)開催

開催にあたって 本セミナーのねらいは、実際に争われた裁判事例を通して、移転価格調査で当局が何に着眼し、また課税要件としたのか、それに対して納税者は何を反論し、裁判所はどう判断したのかを、争点ごとに把握することにあります。…

セミナー情報
2023.04.25

[終了]【オンライン】移転価格税制における無形資産取引への対応策 ~取引形態、契約のしかた、日々の管理なども含めて実務目線で解説~ 5月16日(火)開催

開催にあたって 今日、企業に求められていることは、企業価値の最大化です。そのためのキーワードの1つが、「無形資産」と言えるでしょう。2021年6月に改訂されたコーポレートガバナンス・コードにより、企業は、無形資産の形成の…

セミナー情報
2023.04.25

OECD移転価格ガイドライン(2022年版)特集(3)用語集の「貢献度分析」「残余利益分析」の記載が修正されました。

「用語集」とその役割 前回に続き「用語集」に記載の用語についてです(その役割の重要さについては、本特集(2)をご覧ください)。 今回取り上げるのは、「貢献度分析」と「残余利益分析」です。 まず、日本語の2010年版ガイド…

コラム
1 2 45